popularlzation of ZEH高松アセットビルディングのZEHの取り組み

ZEHとは

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。住まいの断熱性能を高めエネルギーを極力削減し、太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の消費エネルギー量「ゼロ」を実現する住宅を指します。

経済産業省では、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現」を目標とし、普及に向けた取り組みを行っています。
高松アセットビルディングでは普及方策(ZEHロードマップ)の検討を行い、ZEH基準が、これからの良質な住宅ストックの形成には最低限必要なレベルと考え、ZEH基準をはるかに超える性能を備えた住宅を標準とし、普及に努めて参ります。

年度ごとの受託率目標(Nearly ZEHを含む)

2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
実績 ZEH普及目標
100% 100% 100% 100%
BELS表示割合 100%

※当社はBELS工務店です。

BELSについて詳しくはこちら≫

ZEHの周知・普及に向けた具体策

完成現場見学会などイベントでZEH説明資料の配布をし、ZEHの普及に努めます。
新築住宅をご検討中のお客様に、一般住宅とZEH住宅の違いやメリットを説明し、ZEHの普及に努めます。

ZEHのコストダウンに向けた具体策

各取引業者と協議を行い、納入価格のコストダウンを図ります。
自社大工の育成を行い、現場の工費及び材料ロス削減生産性の向上に努めます。

その他の取り組みなど

自然エネルギーを利用したパッシブデザインをプランニングに取り入れて、より高性能なZEH住宅の開発を目指します。
各種勉強会やセミナーに参加し、常に最新の情報をお客様に提供できるよう努力します。