BELS建物のエコ性能の基準 BELS

BELSとは?

BELS とは、建築物省エネルギー性能評価制度のことで、建築物の燃費(エコ性能)に特化した評価を行い、表示する制度のことです。平成27 年7 月に「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」が制定、平成28 年4 月1 日より実施されました。
新築・既存の物件に対して省エネ性能を第三者評価機関が評価して認定する制度であり、住宅を購入を検討中のお客さまにとって住宅の省エネ性能は、お住まいを選ぶ一つの基準となるでしょう。

住宅性能表示制度との違い

住宅性能表示制度は住宅全ての性能を分割して総合的な評価を行います。対してBELSでは建築物の省エネルギー性能のみを評価するため、省エネ性能に特化した評価制度ということです。また住宅性能表示性能と違い、BELS は設計段階の評価のみとなります。

これからは車・家電だけでなく、家も燃費性能で選ぶ時代

車であれば消費ガソリン量やハイブリッド性能、家電であれば消費電力や環境に配慮した機能のように、購入する側からすれば「燃費の良さ」は選ぶ基準のひとつです。
しかし、住宅などの建築物うには「燃費の良さ」を証明する基準がありませんでした。BELS は住宅(建築物)の燃費を評価する制度で、住まい選びの際に「住宅の省エネ性能」を比較できるようになったのです。

評価対象になるのは?

BELS が評価するのは大規模な建築物から小規模な住宅まであらゆる建築物が対象です。

BELS が評価する性能は?

  • 外皮性能(性能基準・仕様基準)
  • 一次エネルギー消費量※(性能基準・仕様基準)
一次エネルギー消費量とは?
給湯設備・暖房設備・冷房設備・換気設備・照明設備が消費するエネルギー量を合算して算出します。

BELS 表示ラベルの見方とは?

BELSの評価は5段階評価

他にも
  • ・基準からの削減率(削減率=(1-BEI)*100)
  • ・設計一次エネルギー所肥料の表示
  • ・建築物エネルギー消費性能基準への適合可否
  • ・UA 値、ηAC 値
  • ・ZEH、Nearly ZEH、ゼロエネ相当マーク

これからは家も省エネ性能で選ぶ時代

まだ住宅の省エネ基準への義務化は決定されていませんが、住宅にも省エネ性能を求められる時代は必ずやってきます。高松アセットビルディングでは、新しい時代のニーズに合わせた住宅づくりを行っています。